飛行機プラモ製作部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS イコロが貴族に見えてしまう

<<   作成日時 : 2017/05/03 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

お兄ちゃん犬は最近この中央の男性貴族に
ダブって見えてしまうのです。
この写真では今一ですが、実際に見ると
どうしてもこの男性貴族にダブって見えるのです。

画像


画像


長いカツラが耳でそう見えてしまうのです。

アイヌ語のイコロと命名したのは妹です。
こいつの母親が札幌で妹は北海道好きなので。
私はまたシュナウザーが飼えたら
昔から尊敬しているドイツのプロイセン国王
フリードリヒ2世の名前を付けると夢でした。
私の好きなドイツの国の犬ですから。

画像


しかし言いずらいという事で却下されました。
確かに獣医師他の人がこの名前を言うのは大変です。
しかし、近所でスウェーデン語の名をもった犬をしっています。
聞いた直後すぐに忘れるほどのすごい名前です。

フリードリヒ2世はものすごい王様だったのです。
政治、経済、軍事、芸術色々天才的だったのです。
この音楽もフリードリヒ王が自分自身で作曲されたものです。
作曲家と共同でと思い色々と調べましたがありませんでした。



しかし後世は国のために尽くし過ぎ過労の為
精神を病んでしまい亡くなられました。
ドイツではジャガイモが食卓に出るのは当たり前ですが
それはこのフリードリヒ王の名残なのです。
中世ドイツで食糧難になり、国民が大変な事を知り
ジャガイモならどんな状況でも栽培できるという事で
ジャガイモを広めました。
しかし、当時はジャガイモは食べる習慣がなく国民は
誰も口にしませんでした。
そこでフリードリヒ王は、皇室だけの食べ物としました。
ジャガイモ農園には警備兵を付けました。
国民に意識させる為にそう偽装したのです。
それからドイツではジャガイモを食べるようになり
今ではお米の様に食卓にジャガイモが出てきます。

こう色々とドイツの事を知っているので、愛犬達の散歩中に
公園で出会った女性から『ドイツ人ですか?』と聞かれました。
その時『はー?』と思ってしまいました。
んなわけないでしょうが。
リナちゃんみたいにハーフとかならともかく。

いつかドイツに本気で永住したいと願っている私であります。

画像















月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

お世話になっている方々のブログ、ホームページ

イコロが貴族に見えてしまう 飛行機プラモ製作部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる