飛行機プラモ製作部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 手間のかからないパテ修正

<<   作成日時 : 2017/02/06 09:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

貼り合わせ箇所のパテ修正と言うと、一般的にはこうしますよね。

画像


画像


チューブパテとかポリエステルパテを使って盛ると、厚みが出ますし
長い乾燥待ち。
そして乾燥後、処理の手間や時間が大変掛かり苦労します。

そこで簡単な方法を紹介。
この溶きパテを使うのです。

画像


合わせ目に溶きパテを細筆で盛って行くのです。
少量で盛ると、肉痩せをお越しますので肉痩せ分多めに盛ります。

画像


そうする事により、マスキングは必要ありませんしその箇所だけ
ペーパーを掛けるだけなので、乾燥時間も早く処理も早く行えます。
それに余計な所まで削る心配がありません。
モールドを出来るだけ消したくない箇所にはもってこいの方法です。

画像


胴体貼り合わせの時は、まずペーパー掛けをするのです。
そうすると、綺麗に処理をされた個所や隙間がある箇所が現れます。
その時隙間がある所だけ溶きパテを塗布するのです。

画像


溶きパテ乾燥後、その箇所だけペーパー掛けをするだけなので
マスキングを貼る手間が省けますし、早く処理が出来ます。
さらにペーパー掛けでの機体の変形するという危険性も回避出来ます。

画像


試にやってみて下さい。






















月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

お世話になっている方々のブログ、ホームページ

手間のかからないパテ修正 飛行機プラモ製作部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる