飛行機プラモ製作部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 健康のありがたさにしみじみと・・・・

<<   作成日時 : 2017/05/05 15:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

無事休日出勤無事終了しました。
いつもの病院前の駐車場で病院を眺めながら一服。
立川真司氏風に『東邦大学病院はたまんねえぜー』

画像




この写真を撮っている時、タバコを吸いに来た人に
病院マニアかと見られてしまいました。
『そうだよ、俺が東邦大学病院の変態だー』




ちょうど去年のこの5月5日は、搬送された日から3日目で
食事無しで2つの大きい点滴に心電計を胸に付け
管とコードだらけでベッドで寝ていました。

画像


今日、入院していた部屋へ行ったのですが、走馬灯のように
辛く苦しい入院生活の日々を思い出しました。
職場の東邦大学病院がいっぱいという事で
自衛隊病院へ搬送。
意識がない時にかなりの検査をしていたようでした。
退院後、自衛隊病院の請求書に書いてありました。
救急治療室で意識が薄ら覚めた時、医師達は『もう無理だ』と
言っていたのを聞きました。
その後救急隊が『東邦が空きました!!』と言い『じゃあ東邦へ行こう!!!』といい
職場の東邦大学病院へ搬送。
救急治療室で主治医の先生が私の顔をたたき『〇〇さーん!!聞こえますかあ!!!』と
言う声が聞こえ、外来でお世話になった医師からは『何でお酒を飲んだのー!!!!
あれだけ飲むなと言ったのにーー!!!!』と泣きながら大声で私に言っていました。

その主治医の先生に今日偶然廊下で会い『ああ、もう1年経ったのか』と
言っていました。
エレベーター内では、お礼をぜひ言いたかった別の部署の方ともまた
偶然会い、お礼の言葉を掛けました。
その方は『急にいなくなったからどうしたんだろうと思いました』と言われました。

本当に搬送された5日2日、運が悪かったら今こうしてブログを書いていません。
愛犬達とも永遠の別れとなりました。

画像


ですから今こうして元気に生きている事が不思議と言うか複雑な心境です。
主治医の先生は、その様な事は思うなと言うような事を言われました。

よく人はもう年で長くないからいいんだとか言われますが
健康の時だから簡単に言えるのです。
実際に生死にさまよった状況下では、元気に生きたいと強く思います。

皆様、自分の体を本当に1日1日大事にし、模型製作はもちろん
仕事色々と充実した日々を送って下さい。
ああ、24歳で他界された【余命1ヶ月の花嫁】の長島千恵さんも言っていました。

【自分がなるまでは、すごい他人事なんですよね・・病気って・・。】

※下記のHPの方の文章から抜粋。

http://www.hearts.jp/user-cgi-bin/diarypro/diary.cgi?no=953



外食、コンビニだけではなく、日々しっかりとした栄養を考えた手作り料理を
食べるように心がけましょう。
本当に病気になってしまったら取り返しがつかなくなりますので。


湿った書き込みになってしまいました。


以上です。













月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

お世話になっている方々のブログ、ホームページ

健康のありがたさにしみじみと・・・・ 飛行機プラモ製作部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる