飛行機プラモ製作部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 彩雲塗装へ

<<   作成日時 : 2017/01/28 08:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

うちのガキどもは、私がニトリで買ってきた
愛用している低反発枕を占拠してしまいました。

画像


もうこいつらにあげる事にしました。


さて、大型機はすべて十の字にし塗装の段階に
入るのですが、まだ胴体だけの飛行機達を十の字に
していない為、すべての飛行機達を十の字にしてから
一気に塗装作業に入った方が良いと思い
この5機の主翼取付作業をしていました。

画像


しかし、上手く塗装が出来る方法を見付けたので
急きょその作業は中止し、彩雲の塗装を始める事にしました。

棚の上にいる君、塗装するぞ。

俺かい。

画像


塗料は、上面色は調合色(タミヤ水性)で、下面色はクレオス水性で
塗装しようと思います。
上面色にするタミヤの水性は、かなりのフラットになり
下面色にするクレオス水性の明灰白色は少し艶が出るので
上下のバランスがおかしくなるという事で、クレオスの明灰白色に
ガイアのフラットクリアーを混ぜ塗装する事にしました。

ガイアの塗料はアクリルと書いてあったので、おかしいとは思いましたが
ガイアのフラットクリアーと水性の調合色をアクリル溶剤で溶いた所・・・・・・・・。
ほこりたっぷり入った様な塗料になってしまいますた。
再度ラッカー溶剤で溶いた所当然綺麗な塗料に。
基本的にガイアには水性は無いと知っているのですがつい・・・・。
ラッカーとアクリルを混ぜるとはいい度胸してると思われましたよね。

こうしたのは、今までタミヤの水性塗料を使っていた為、ストックも
半分以上水性塗料が占めているのです。
水性塗料を使うと、スミ入れの時大変使う溶剤が限られてしまいます。
ですから最近塗料を買う時はラッカーにしています。
だからと言ってアクリルを捨てるわけにはいかないので強引に。
ラッカーにアクリル溶剤を使えば当然ヘドロになりますが
アクリルにラッカー溶剤だと綺麗に溶けるので。
おほほほほ。
当分この様にします。
上面色は、タミヤの水性でかなりきついフラットになるので
ガイアのフラットクリアーを混ぜました。
またまた、へ?、となられますが、ガイアのフラットクリアーといっても
混ぜるとほんのりと艶を出してくれるので混ぜました。
フラットクリアーも色々と買ってしまっているので強引に。
ストレートにガイアのフラットクリアーを使うとバリバリのフラットになります。
私、あちこちの場面でエコ製作をしているのでこういう事をしてもなにも。
あくまでも個人の趣味ですから。
綱渡りのようなことをしていますが、この様にうまくいくのです。

画像


その後、エナメル黒、茶を少し多めにしターペンタインで溶かしスミ入れ。
その後デカール貼り。

画像


いつもここで終わっているので、塗装も製作と同じ1つの作業と思い
これから色々と質感を表現するウェザリング他をしていきたく思います。











月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

お世話になっている方々のブログ、ホームページ

彩雲塗装へ 飛行機プラモ製作部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる