飛行機プラモ製作部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS メタリック塗料用のエアブラシを買わなくても良い方法

<<   作成日時 : 2017/01/15 11:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大学生やサラリーマンの方は、バイトでのお給料、会社からのお給料で
メタリック塗料専用にもう1本エアブラシを購入できますが
それ以下の方々にとっては高額なエアブラシをもう1本と
言うのは経済的に無理がありますよね。

画像


でも、もう1本買わなくても良い方法があるのです。
この方法は、たまたま横浜にあるトレッサ横浜内の
タミヤプラモデルファクトリーにエアブラシ専門の
タミヤ社員様が実演でいらしていてその時に教えてもらった
方法です。

エアブラシで塗装後ニードルを抜くと、こう塗料がニードルに
付着しているのです。

画像


さらにニードルパッキンにも当然塗料が付着しています。
その為エアブラシのうがいをいくらしてもここの汚れは取れません。
それがメタリック塗料が残る原因なのです。

やり方は簡単です。
メタリック塗装後、まずは当然うがいをします。
大分汚れが取れた所で今度はニードルパッキンの
洗浄に入ります。
まずクリーナー溶剤をカップに入れ⓵のニードル止めネジを緩め
⓶のニードルをピストン運動の要領で前後シャカシャカ動かすのです。
動かす範囲は約1.5cm以内です。
それ以上の範囲でやってしまうと、内部のへんな所に引っかかりし
大事なニードル先端を破損させる恐れがあります。

画像


そうしているうち、カップ内にニードルやパッキンに付着した塗料が
もわーと出てきます。
その後汚れをカップから出し、仕上げに再度クリーナーを入れ
うがいをすれば完了です。
しかし、パッキン部分の汚れは取れましたがニードル自体に
多少の汚れが付着しています。
ですからニードルを抜いて、クリーナーを浸み込ませたティッシュ他で
拭いてあげます。
ご覧の様にこう汚れが取れます。

画像


そしてエアブラシ内にニードルを差し込み、ニードル止めネジを締め
エアブラシ後部を取り付ければ、はいおしまい。

洗浄後クリーナーを入れうがいしてもメタリック塗料は出てきません。
いい加減にやると微妙にメタリックの粒子がうっすら出てくる時があります。
次の塗料に影響が出るまでの粒子ではありませんが。

この方法でやれば基本的には完全に綺麗な状態になります。

私はエアブラシ塗装後必ずやっています。

やらないでいると、メタリック塗料が出る出ないの問題だけでなく
パッキンに付着した塗料が乾き、抜けなくなったり塗装時ニードルが
動かなくなり乾吹きという事になります。

お時間がある時試にやってみて下さい。






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

お世話になっている方々のブログ、ホームページ

メタリック塗料用のエアブラシを買わなくても良い方法 飛行機プラモ製作部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる